ホームホワイトニングの流れとメリット・デメリット

ホームホワイトニングの流れ

1. カウンセリング

  • お口の中をチェックし、カウンセリングを行います。
  • 術前の口腔内写真を撮影します。
  • シェードガイド(色調見本)を用いて術前の歯の色調(シェード)を確認させていただきます。
  • 実際にホワイトニングを行う前に、PMTC(歯のクリーニング)を行い、プラーク(歯垢)、着色(黄ばみ, 茶渋, 煙草のヤニ, ステイン)を除去いたします。

2. マウスピースの作成

歯の型を採り、マウスピースを作成します。

3. ホワイトニング

日中、約1〜2時間程度を目安に約2週間行います。
※ホワイトニングをした直後30分〜1時間は飲食を控えてください。

4. メンテナンス

  • 約2週間後にご来院いただき、術後の口腔内写真を撮影します。
  • 術前の歯の色調と比較していただきます。
  • 術後は約3か月に一度、定期的にPMGC(歯のクリーニング)を行います。

ホームホワイトニングのメリットとデメリット

ホームホワイトニングのメリット

  1. 自宅で簡単にホワイトニングができます。HW007_L
    自分の好きな時に、好きなペースで歯を白くすることが出来ます。
  2. マウスピースは繰り返し使用が可能です。
    ホワイトニング後に専用のケースに保管しておけば、いつでも再度、始めることができます。
  3. ジェルは追加購入できます。
    ホワイトニングを追加したい場合、マウスピースを持っていれば薬剤の追加の費用のみです。(マウスピースを作り直す場合は、別途費用がかかります)

 

ホームホワイトニングのデメリット

HW032_L

  1. 白くなるまでに時間がかかる場合があります。
    ホームホワイトニングの薬剤はかなり濃度が低いため、テトラサイクリン変色歯や、神経のない歯などは、健全歯に比べ、時間がかかることがあります。
  2. ホワイトニング期間中は食べ物や飲み物に注意が必要です。
    着色生の強い飲食物は、ホワイトニングの効果を減少させ、思い通りの白さになりにくくなる可能性があります。
  3. マウスピースを日中に使用する場合、2時間装着が必要です。
    マウスピース装着中は、飲食、喫煙はできません。又、マウスピースを入れていると、うまく発音ができなくなります。
  4. ホームホワイトニングで一時的に歯がしみることがあります。
    一般的に使用するジェルの濃度はかなり弱いため、しみにくいと言われています。しかし、個人差や装着時間を守らなかった場合に、知覚過敏様症状が起こることがあります。そのような場合は連日使用は控え、2, 3日後に再度行うことをお勧め致します。

その他、詳しいお取り扱いや、お費用等につきましては、スタッフもしくは院長までお気軽にご相談ください。

Contents

PC・ケータイ・スマホOK!! 初診・最新予約はコチラ E-PARK

Facebookもチェック!

▲Pagetop