顎関節症

顎関節症の患者さまは近年多くみられ、関節が炎症等でぐらつきを起こし、正しい噛み合わせが出来ず、いろいろな症状が起こってきます。

歯の噛み合わせが悪いと、いびき・顎を動かすとコクコクと音がする・大きく口を開けることができない等の症状があります。

減ってしまった顎の骨を再生することは困難ですが、寝るときにマウスピース(スプリントとも言います)を歯に当てて、かさ上げを行うことで適正な噛み合わせに近づけ、症状を緩和することができます。

原因としては一概には言えませんが、重いものを持ったり、食いしばりが強い方、歯ぎしりをする癖等、色々考えられます。
少しでも症状に該当する場合、お早めにご相談ください。

Contents

PC・ケータイ・スマホOK!! 初診・最新予約はコチラ E-PARK

Facebookもチェック!

▲Pagetop