その他の症状と治療法

歯周病治療

歯周病

来院されます患者さんに最も多く見られるもので、年齢と共に多くなります。

この症状は、歯を支える歯ぐきが弱くなり、そのまま放置しておくと歯ぐきが退化し歯根が露出して、最悪、歯が抜け落ちてしまいます。
原因はお口の中の細菌で特に、歯と歯ぐきの間で歯周病菌が出す毒素で歯ぐきが炎症、あごの骨が溶かされていきます。そして、咬み合わせの不具合の力によってますます病気が進行していきます。

1.初期段階

最初は軽い歯茎の腫れ、出血があります。特にしみたり、痛みもないために気づきません。
大したことはないと思い、そのまま放置しますと症状は急速に進行します。

この時点では、まだレントゲンでも何も写りません。
この時点での治療は、定期的な口腔内の洗浄(特に歯と歯ぐき)、歯に付着した歯垢・歯石の除去と軽度な治療で進行を遅らせることができます。
早い時点での予防治療をおすすめします。

2.第二段階

なんとなく歯・歯ぐきに違和感があり、歯ぐきの腫れ、出血が見られます。
目視ではあまり変化がないように見えますが、レントゲンではハッキリと写ります。(位相差顕微鏡で歯ぐきの歯周病菌が確認できます。)

歯と歯ぐきの隙間の清掃と、歯根の表面の清掃をおすすめします。
健康な歯ぐきはめくることが出来ませんが、第二段階以降では歯ぐきはめくることが出来てしまう程弱くなっています。

3.第三段階

はっきりとしみたり、痛みを感じます。
歯ぐきの状態により治療は異なりますが、場合によっては簡単な外科手術が必要となり、汚染された歯根の表面をきれいにしたり、歯ぐき、あごの整形が必要な場合もあります。

4.最終段階

歯ぐき、あごまで歯周病菌に侵され、歯を支えられなくなり、歯がぐらつきます。
このような状態になりますと、他の健康な歯を保存するために、残念ですが歯を抜かざるを得なくなります。

早い時点で根気よく口腔内の洗浄等、常に清潔な状態を維持されますと完治しますが、気づくのが遅れれば遅れるほど進行が進み、症状が重くなります。

歯周病予防のために

日頃の歯みがきが重要な予防方法となりますが、唾液の質・量により歯周病にかかる場合もあります。
デイアップオーラルガムや、歯周病緩和を目的とした歯みがき剤でも効果はありますが、早い段階で歯科医院にご相談ください。

知覚過敏

歯の表面は、エナメル質という硬い組織で覆われ、刺激から守られています。
ところが、様々な要因でエナメル質が傷つき、歯の内側にある「象牙質」に刺激が伝わり、歯がしみてしまいます。

これが、「知覚過敏」です。下記のような症状があります。

  1. 冷たいもの、熱いものを口に入れるとしみる。
  2. 歯ブラシが歯に触れるとしみる。
  3. 冷たい風が歯に当たるとしみる。

歯ぐきのマッサージ、正しい歯みがきの仕方、歯と歯ぐきに優しい歯みがき剤の選び方など、歯科医院にご相談ください。
ご説明させていただきます。

顎関節症

顎関節症の患者さまは近年多くみられ、関節が炎症等でぐらつきを起こし、正しい噛み合わせが出来ず、いろいろな症状が起こってきます。

歯の噛み合わせが悪いと、いびき・顎を動かすとコクコクと音がする・大きく口を開けることができない等の症状があります。

減ってしまった顎の骨を再生することは困難ですが、寝るときにマウスピース(スプリントとも言います)を歯に当てて、かさ上げを行うことで適正な噛み合わせに近づけ、症状を緩和することができます。

原因としては一概には言えませんが、重いものを持ったり、食いしばりが強い方、歯ぎしりをする癖等、色々考えられます。
少しでも症状に該当する場合、お早めにご相談ください。

酸蝕症

これも最近多い症状です。
酸蝕症とは、健康に良いとされる酸を含む飲食物を摂り続けると、酸によって歯が溶けることを言います。

最近話題の黒酢・コーラ等の炭酸飲料、チューハイ等も該当します。

これらの飲食物を全く採ってはいけないというわけではありませんが、やはり、酸はわずかずつですが歯を溶かします。
当然ながら歯の表面から溶かされ、弱くもろくなった歯で噛めば、歯の減りも早くなり長持ちはしません。

成人の6人に1人は酸蝕症とも言われており、歯を食いしばるスポーツ選手、歯ぎしりの癖がある方は特に注意が必要です。

 

Contents

PC・ケータイ・スマホOK!! 初診・最新予約はコチラ E-PARK

Facebookもチェック!

▲Pagetop