入れ歯(義歯)治療

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯がございますが、そのそれぞれに「保険診療の入れ歯」と「自費診療の入れ歯」がございます。

昔は安価な保険適用の入れ歯を入れられる患者様が多かったのですが、近年では見た目や噛み心地を考慮して、より快適な自費の入れ歯を選ばれる方も増えてきました。

以下に特徴をまとめましたので、ご覧ください。

自然に見える部分入れ歯

部分入れ歯を固定するための「バネ」には、様々な種類があります。

中でも、口を開けたときに自然に見えるよう、色や形状・材料を工夫した入れ歯のご要望が近年高まっています。

保険診療の部分入れ歯(金属のバネ)

保険治療の入れ歯銀色のバネしか使用できないため、口を開けたときに金属が目立ちやすくなります。

ただし、費用は最も安くできます。

ゴールドクラスプ(金のバネ)

ゴールドクラスプ金は、保険用入れ歯の銀と比較して、加工がしやすく細かい設計が可能です。そのため、よりお一人お一人のお口に合った入れ歯の作製ができます。

また、銀と比較して、お口の中が明るくきれいに見えます。

Iバークラスプ(目立ちにくい形のバネ)

Iバークラスプバネの形状が、前から見た時に目立ちにくいように工夫されています。

力の掛かり方が均一になるように作られており、残っている自分の歯への負担も、従来型の入れ歯より軽減できます。

スマートデンチャー(床を大きくし、金属のバネをなくしたもの)

スマートデンチャー金属のバネがなく、水分吸収を抑えたプラスチック素材で出来たバネです。歯ぐきと同系色の樹脂を使い、一見入れ歯をはめているように見えません。

はめる時の痛みが軽減されたという声も多くいただきます。

(強度を保つため、金属床との併用をおすすめしています)

※他、バネのないナイロン製の床を使用した部分入れ歯や、チタン合金やコバルトクロム合金を使用したものなどがあります。

自分の歯への負担を減らす部分入れ歯

部分入れ歯は、残っている自分の歯を支えとして装着します。

そのため、自分の歯への負担が生じるのですが、その負担を少しでも軽減させようという部分入れ歯も登場しています。

カムデンチャー(開閉するバネ)

カムデンチャー人工の歯の下に開閉式の装置が内蔵されており、入れ歯を取り外すときの、自分の歯への負担を軽くしてくれます。

「取り外しが簡単になった」「着脱の時の痛みがなくなった」というお声をいただきます。

総入れ歯

総入れ歯は、通常保険診療ですとプラスチック床のものを使用します。

しかし、部分入れ歯同様、より快適に噛みやすい工夫のされた自費診療の総入れ歯を検討される患者様も増えてきております。

保険診療の総入れ歯(プラスチック床)

保険治療の入れ歯プラスチックの場合、強度を保つため金属バネよりも厚みが出ます。食べ物・飲み物の温度が伝わりにくいデメリットがあります。

また、金属と比較した場合、摩耗・変形が出やすく、長く使っているとだんだんとお口に合わなくなってくることがあります。

ただし、費用は最も安くできます。

金属の総入れ歯

保険治療の入れ歯プラスチック床と比較し、薄く作れるため違和感を軽くすることができます。

また、熱の伝導にも優れているので、食べ物の温かさや冷たさをしっかり感じることができます。

金属の種類も様々ございます。

口腔内の状況、ご要望、ご予算に合わせてご提案を行います。

  • 金、プラチナ合金

    素材としては高価ですが、加工のしやすさに優れており、よりお口にフィットした入れ歯を作ることができます。仕上がりの美しさ、人体への影響面(親和性)でもすぐれています。

  • ステンレスメッシュ

    ミクロの穴が無数にある、特殊な素材を使用。そのため食事の味や温度が、入れ歯を付けていないときに近い感じで伝わります。

  • チタン・チタン合金

    チタンの特徴は軽くて丈夫であることと、人体に埋め込めるほどの親和性です。金属特有の味もほとんどないのも特徴です。

  • コバルトクロム合金

    コバルトクロムは昔から入れ歯用素材として長く使用されている金属であり、症例数が多く、丈夫で長持ちしやすい素材です。他の金属に比べ、お求めやすい費用も特徴です。

Contents

PC・ケータイ・スマホOK!! 初診・最新予約はコチラ E-PARK

Facebookもチェック!

▲Pagetop