被せ物による治療

虫歯治療の後のかぶせ物は、奥歯の場合はこれまで金属を詰めることが一般的でした。
しかし、今では様々な材質のかぶせ物が登場しています。

当院でも従来の保険治療内では選べなかった、特徴ある素材のかぶせ物を選ぶ方が増えています。

このページでは、当院で選べるかぶせ物のうち、奥歯治療で使われるものの種類と特徴をご紹介します。

かぶせ物(クラウン)とは

虫歯が進行していた場合や、噛み合わせの状態によって詰め物(インレー)では補修できない場合に、かぶせ物(クラウン)による治療を行います。一般的に「差し歯」と呼ばれているのもクラウンのことです。

削った後の自分の歯を土台にし、その上に義歯をかぶせる場合と、義歯を固定するための土台を歯根の部分に埋め込む場合とがあります。

保険治療の奥歯用かぶせ物(クラウン)

保険治療の奥歯用かぶせ物(クラウン)全体が金属で出来た、いわゆる「銀歯」です。保険対象となる金属であるニッケルクロム合金・金銀パラジウム合金を使用しています。金額的には最も安く出来ます。

ただし金属を使っているため、長年使用していると摩耗によって歯と詰め物の間に溝が出来て歯垢が溜まりやすくなったり、金属が酸化してくることがあります。
そのため、こまめなメンテナンスが欠かせません。

※金属アレルギーのある方は、注意が必要です。

ゴールドクラウン(金のかぶせ物)

ゴールドクラウン(金のかぶせ物)ゴールドクラウンは、金合金(18K、20Kなど)や白金加金(金とプラチナの合金)で作られたクラウンです。銀歯と異なり、金属アレルギーになりにくい素材です。

金属の溶け出しや、酸化の心配が非常に少ないので、金属アレルギーのおそれも低い、優れた歯科素材です。
金合金は銀歯の素材よりも柔らかく加工しやすく、歯と詰め物の間の隙間が出来にくく、虫歯の再発予防に役立ちます。
また天然の歯と硬さが近いため、特に強い力の加わる奥歯の治療では重用されています。

セラミッククラウン(白く、自然なかぶせ物)

セラミックインレー(白く、自然な詰め物)セラミックス(=陶材)を使用した、白いかぶせ物です。口を開けても本物の歯との見分けが付きにくく、目立ちませんので、見た目の美しさを気にされる方には非常におすすめです。

セラミックを使ったかぶせ物には、セラミック100%のものと、他の素材と併用するものがあり、その種類も多岐にわたります。
しかし、奥歯にセラミックスを使用する場合、強度に配慮する必要があります。

  • オールセラミック
    金属を一切使用せず、陶材のみで作製します。長年使用しても変色しにくく、美しさを求めるならNo.1の素材です。
    しかし、噛みあう上下の歯を両方とも治療する場合にはオールセラミックは硬すぎるため別の素材を使用することがほとんどです。
  • ハイブリッドセラミック
    セラミック(陶材)の硬さと、プラスチック(樹脂)の粘り強さをあわせ持った素材です。100%セラミックよりも丈夫で割れにくいのが特徴です。また、保険用の銀歯よりも、長く美しい歯を保つことが出来ます。
  • メタルボンド
    表側をセラミック、裏側に金属を使用したクラウンです。オールセラミックよりは若干色は暗くなりますが、白色なので目立ちにくく、丈夫で割れにくいのが特徴です。
    裏側に使用する金属の種類によって価格や、歯ぐきの変色・金属アレルギーなどが起こる可能性が変わってきます。

奥歯用かぶせ物(クラウン)

  1. 虫歯部分を削ります。
  2. 型を取り、クラウンを作製します。歯根に土台を立てる必要がある場合には、2回以上型を取ることもあります。
    仕上がりまでは1週間程度お待ちいただくことが多いです。その間は仮の処置を行います。
  3. 仕上がったクラウンを装着し、歯に合うように調整します。
  4. 治療完了後も、歯みがきやケアを欠かさず行いましょう。定期検診もお忘れなく。

Contents

PC・ケータイ・スマホOK!! 初診・最新予約はコチラ E-PARK

デンタルエステ 予約はこちら

Facebookもチェック!

▲Pagetop