歯みがき、仕上げみがきのコツ

仕上げ磨きのコツ

1031504004

  • 歯ブラシを持つ習慣をつけましょう
  • 時間を決めて毎日の習慣にしましょう
  • お母さんや家族も一緒に歯磨きしましょう。
  • 好きな音楽を流したり、優しく話しかけたりして楽しい時間にしましょう。

歯ブラシについて

選び方

1967000003

  • ヘッドは小さめを選び、グリップは握りやすいものを使いましょう。
  • 毛は柔らかくて毛先がなめらかに処理してあるものを選んでください。

POINT 歯ブラシの毛先が広がってきたら新しいものに取り替えましょう。そのまま使っていると歯茎を傷めて歯磨きが嫌いになる原因になります。

持ち方

  • 手首で動きをコントロールします。ペンを握るイメージで持ちましょう。

仕上げ磨きの姿勢

お子様をあお向けに寝かせ、頭をひざの上に乗せて、よく歯が見えるようにします。

磨き方のコツ

  1. 歯の表面にブラシを真っすぐに当て、優しく左右に細かく動かします。
  2. 歯と歯の間、歯と歯茎のさかい目、歯のかみ合う溝の中に汚れがたまりやすいので、丁寧に磨きましょう。
  3. 歯と歯茎のさかい目は、歯ブラシの角度を45度に傾けて使います。歯茎を傷つけないように優しく磨きましょう

歯は配列によって、磨き方のコツがあります

歯磨きの順序

hamigaki_boy

磨きにくい奥歯から磨きましょう。痛みを感じやすい上の前歯は最後に磨きましょう。

磨き順番を決め、磨き残しがないようにしましょう。

前歯(乳中切歯, 乳側切歯)

歯の裏側は汚れやすい部分です。表面を磨くときは、唇と歯茎をつないでいる筋(上唇の裏側)を歯ブラシを持っていない方の指でブロックしてあげると痛がりません

歯の裏側は、歯ブラシを縦にして使うと磨きやすくなります。

犬歯(乳犬歯)

犬歯は凹凸があるため、縦から磨きましょう。 歯茎とのさかい目は、汚れが残りやすいので注意しましょう。

奥歯(第一乳臼歯, 第二乳臼歯)

口を小さく開けて頬に接する面に歯ブラシを45度に当てて磨きましょう。 歯のかみ合う溝は手前にかき出すようにして、きれいにしましょう。

下の奥歯の舌側は「アー」と声を出すと舌が下がり見えます

Contents

PC・ケータイ・スマホOK!! 初診・最新予約はコチラ E-PARK

デンタルエステ 予約はこちら

Facebookもチェック!

▲Pagetop