小児歯科

大人になっても健康な歯でいるために、乳歯の頃からのケアが大切!

milkteeth_brushing

お子様の乳歯の虫歯や良くない歯並びは、「どうせ抜けて大人の歯に生え換わるから放っておいてよい?」
いえいえ、決してそんなことはありません!
虫歯がなく、歯並びの良い大人の歯にするためには、乳歯の時からきちんと管理し、歯を磨いていく習慣を身につけていくことがとても大切です。

あいの里歯科クリニックでは、小さなお子さんも多くご来院いただいています。
お子さんの歯が将来にわたって美しく健康であるために、しっかりと歯医者さんでチェックしてもらいましょう!

小さなお子さんは、おうちの方と一緒に

小さなお子さんの場合は、保護者の方に一緒に診療室に入っていただくことが可能です。歯科医師・スタッフも、少しでもお子さんがリラックスして治療を受けられるよう、心がけております。

治療方針のご説明や、おうちでのお口のケアについての指導・アドバイスは、モニターや模型などを使ってわかりやすくお話しいたします。
質問などございましたら、歯科医師になんでもお尋ねください。

待合室には、キッズルームもございます。絵本やおもちゃも用意しています。待ち時間だけでなく、保護者の方の治療中にもご利用ください。(保育士による託児サービスも準備中です。)

お子さんたちに、「歯医者さんは楽しいところ」と思ってもらえるように、歯やお口の中の健康に興味を持ってもらえるように、歯科医師・スタッフ一同努めています。不安なことがあればお気軽に相談してくださいね。

お子さんの乳歯ケアの大切さ

子どもの歯の生え変わりには個人差があり、乳歯でも3~6ヶ月位、永久歯で1~2年位異なることがあります。 乳歯ははえかわるからと言っておろそかにはできません。とても大切な役割を担っています。

A 乳歯の大切な役割について

  1. 食べ物をかむ
  2. 発音を助ける
  3. 顔の形を整える
  4. 永久歯が正しくはえる案内をする。

B ケアのポイント

1. 強い歯を作る
栄養のバランスのとれた規則的な食事は、お子さんの健康で丈夫な身体を作り、虫歯に対する抵抗力を高め、歯質のよい強い歯をつくります。

2. 虫歯菌を減らす
歯の表面にすみついている細菌は、300~400種類もいます。また、プラーク(歯垢)には、1mg(湿量重)あたり1億個以上も細菌がいます。 このうち、虫歯の原因となる細菌は、糖分を原料にして歯の表面をとかす強い酸を出します。歯磨きによって、こうした細菌をできるだけ少なくします。

虫歯予防についてはこちら→

Contents

PC・ケータイ・スマホOK!! 初診・最新予約はコチラ E-PARK

デンタルエステ 予約はこちら

Facebookもチェック!

▲Pagetop