カテゴリー: 歯の健康アドバイス

6/4〜10は歯と口の健康週間!学校歯科検診の紙を渡されたらどうすれば良い?

こんにちは。あいの里歯科クリニック院長の坂田です。
急に暑い日が続くようになりましたね。熱中症に気をつけて、毎日を元気にお過ごしください!

さて、6/4〜10は「歯と口の健康週間」です。この時期に、学校歯科検診が実施される小学校も多いのではないでしょうか?

今日は、小学生のお子さんを持つお母さまからのご質問にお答えします。

-「子どもが、初めて学校歯科検診の紙を渡されて帰ってきました。すぐに歯医者さんに行かなくてはいけないのでしょうか?」

AP185_L学校歯科検診では、主に歯並びや、歯ぐきの状態、虫歯の有無などを確認します。
歯に歯垢がたまっていないか、歯ぐきに腫れがないか、かみ合わせがおかしいところがないか、、、などですね。

ただ、学校歯科検診では、一度に多くの生徒さんの口の中を検査しますので、詳細な症状まではなかなかチェックできません。
大きな虫歯は発見できても、歯と歯の間の初期の虫歯を見つけるのはとても大変難しいのです。
なので、用紙をもらったらできるだけ早く受診して、詳しく調べてもらいましょう!

場合によっては、他にも虫歯が発見されたりもしますし、逆に予防対策をすればこのまま治療をせずに経過観察をするだけでよいこともあります。

学校歯科検診は、普段気付きにくいお子さんの歯の健康状態を知る「きっかけ」です。
これを機会に、歯科医院で定期的に検診を受けるようにすれば安心ですし、歯医者がニガテなお子さんがイメージするような「ガリガリ」治療になる可能性もぐーんと低くなりますよ!
ご家族で歯の健康について、ぜひ話し合ってみてください。

AP192_L

食欲の秋、よく味わうと虫歯や歯周病の予防に!

こんにちは。あいの里歯科クリニック院長の坂田です。
朝晩も、段々と冷え込む季節になってまいりました。皆さん、風邪をひいたり体調を崩したりされていませんか?
外出の際は、羽織るものを1枚用意して出掛けると安心ですね。

さて皆さん、秋になるとどうしても美味しいものをたくさん食べたくなりませんか?
実は私も秋になるとついつい食べ過ぎてしまいます。
今日は「食欲の秋」と言われるこの時期に注意したい「食べ過ぎ」とお口の健康についてお伝えしたいと思います。

大切なことは「ゆっくり味わって噛む」ことです。

一度にたくさんお口の中に食べ物をつめ込んだりせずに、しっかりと味わいながらいただきましょう。
お口に入れたものは、20~30回くらい噛むように心がけてみてください。

じっくりよく噛んで食べることで、食べ過ぎを抑えることが出来るだけでなく、虫歯や歯周病の予防にもつながるって、ご存知でしたか?

よく噛んで食べると、だ液がたくさん分泌されます。
だ液には食べ物の中のデンプンの消化を助ける酵素や、お口の中を中和する成分が含まれています。また、だ液によって食べかすを洗い流してお口の中を清潔に保ったり、侵入してきた雑菌をやっつける効果もあります。
そのため、よく噛んでだ液がしっかり分泌されれば、虫歯や歯周病の予防にもつながるのです。

将来の健康のためにも、普段からよく味わって噛む習慣を身につけましょう!

乳歯の交換(いつ抜いたらよいの?)

001

               正中が、不揃いに ならないように

               左下の乳歯を早く抜きましょう。ネ

定期検診について(健康な方、治療が完了されている方、義歯を入れてみえる方)

  検診項目

  口腔内写真   ホームケアの確認

  X-ray撮影検査   歯の検診

  歯ぐきの検査  顎関節・かみ合わせの検査

  唾液検査(カリエスリスク判定) など

     現在の、お口の状態を知ることで、少しでも長く、健康な口腔

     を保つお手伝いをしていきます。

 料金は、大体 2000円~3000円ほどです。

 

ハブラシの種類とあてかた

歯ブラシには様々な種類のものがあります。また、みなさんが普段使っている歯ブラシでも、あて方次第でより効果的に歯の汚れを落とすことができます。 今日は3種類の歯ブラシと、そのあて方についてご紹介します。

歯間磨きに適した「タフトハブラシ」です。

奥歯の後ろをみがきます。 歯間部も適しています。

先端がカーブした形の歯ブラシです。
前歯の裏側を磨くのに適しています。

裏側の当て方です。

一般的なハブラシの基本形です。

歯茎の境目に当てます。毛先の当て方に注目ください。

各種歯ブラシは医院の受付などでも販売しています。お気軽に院長・スタッフまでお尋ねください。

妊娠中のはみがきのポイント

  • つわりがある時のはみがきは食べた後が効果的ですが、体調の良い時を見つけて、リラックスしておこなうことをおすすめします。
  • 下を向いてみがきましょう。のどの方につばなどがたまると、その刺激で吐き気を催すことがあります。
  • 妊娠中は臭いに対して敏感になるため,香料の強い歯磨き剤は避けましょう。
  • ハブラシは小さいものをお勧めします。

犬も虫歯になる?

犬も人間と同じく,歯垢や歯石が原因で虫歯というよりは歯周病にかかる傾向があります。

犬の噛む力を損なうことになり、生命線に重大な問題となります。

こども用ハブラシで早めに歯垢を除去しておくと予防につながります。

歯の衛生週間(6月4日月曜日〰6月9日土曜日)

虫歯・歯周病は歯科疾患で非常に多い疾病です。これらの疾病の原因は歯垢(プラーク)という細菌のかたまりです。ですから、虫歯や歯周病を予防するにはプラークを取り除くことが重要となります。毎日のケアがポイントとなります。歯垢は2週間もすればハブラシでは取りにくくなりやがて歯石となります。歯石はスケーラー(診療用器具)で除去します。この機会に歯石除去をおすすめします。また当院では期間中に歯科検診を受けられた方でフッ素塗布をご希望の方に無料でさせていただきます。

ノンクラスプデンチャー

金属バネがなく、入れ歯を装着しているとが分かりにくい、しかも軽くて「割れない義歯を紹介します。

ノンクラスプデンチャー
坂田歯科にて治療できます。

歯のエステティクス

話すとき、笑うとき、食事するとき、歯の美しさで人に与える印象はずいぶん変わります。
そのため欧米では昔から歯の美しさを非常に重視してきました。

日本 でも最近肌や髪の毛と同様に歯への美しさを求めている人も増えています。
「歯を治療する」から「歯を美しくする」といった積極的な姿勢で歯科医院に来院さ れる方もいらっしゃいます。

白く、自然な歯はどんなアクセサリーよりも美しいと言えば言い過ぎでしょうか?

Contents

PC・ケータイ・スマホOK!! 初診・最新予約はコチラ E-PARK

デンタルエステ 予約はこちら

Facebookもチェック!

▲Pagetop