6/4〜10は歯と口の健康週間!学校歯科検診の紙を渡されたらどうすれば良い?

こんにちは。あいの里歯科クリニック院長の坂田です。
急に暑い日が続くようになりましたね。熱中症に気をつけて、毎日を元気にお過ごしください!

さて、6/4〜10は「歯と口の健康週間」です。この時期に、学校歯科検診が実施される小学校も多いのではないでしょうか?

今日は、小学生のお子さんを持つお母さまからのご質問にお答えします。

-「子どもが、初めて学校歯科検診の紙を渡されて帰ってきました。すぐに歯医者さんに行かなくてはいけないのでしょうか?」

AP185_L学校歯科検診では、主に歯並びや、歯ぐきの状態、虫歯の有無などを確認します。
歯に歯垢がたまっていないか、歯ぐきに腫れがないか、かみ合わせがおかしいところがないか、、、などですね。

ただ、学校歯科検診では、一度に多くの生徒さんの口の中を検査しますので、詳細な症状まではなかなかチェックできません。
大きな虫歯は発見できても、歯と歯の間の初期の虫歯を見つけるのはとても大変難しいのです。
なので、用紙をもらったらできるだけ早く受診して、詳しく調べてもらいましょう!

場合によっては、他にも虫歯が発見されたりもしますし、逆に予防対策をすればこのまま治療をせずに経過観察をするだけでよいこともあります。

学校歯科検診は、普段気付きにくいお子さんの歯の健康状態を知る「きっかけ」です。
これを機会に、歯科医院で定期的に検診を受けるようにすれば安心ですし、歯医者がニガテなお子さんがイメージするような「ガリガリ」治療になる可能性もぐーんと低くなりますよ!
ご家族で歯の健康について、ぜひ話し合ってみてください。

AP192_L

Contents

PC・ケータイ・スマホOK!! 初診・最新予約はコチラ E-PARK

Facebookもチェック!

▲Pagetop